運営:府中市、稲城市、多摩市を主な業務エリアとする司法書士Y&U総合事務所

相続・遺言相談センター(府中、稲城、多摩)


東京都府中市宮西町3−6−10−308
京王線府中駅から徒歩5分

【初回相談は無料!】

042-334-2027

受付時間
営業時間

10:00〜17:00
10:00〜18:00

遺産を受け継ぐ人は誰か? 相続人

相続人には、「配偶者相続人」と「血族相続人」がございます。

これらを総称して「法定相続人」といいます。
相続人になれる者は法律に定められており、それ以外は基本的に相続人になれません。

<配偶者相続人>
亡くなられた方が死亡した時点で法律上婚姻関係にある配偶者は、必ず相続人になる権利があります。
前妻や内縁の配偶者や事実婚で入籍をしていない夫婦などは、法律上の婚姻関係にございませんので相続人にはなれません。
逆に、仮面夫婦状態であったとしても、また、何十年も別居状態にあったとしても、正式に離婚していなければ、法律上の婚姻関係があれば、配偶者として相続権が得られます。

亡くなった方との関係→配偶者(夫、妻)前妻・前夫内縁の夫・妻



相続人判定(〇か×か)

 





×
×(ただし、相続人不存在の場合、特別縁故者になる可能性がある)

詳しくはこちらをクリック

<血族相続人>
血族相続人とは、亡くなった方と血のつながりのある以下の方々を差します。
① 直系卑属(子、孫、ひ孫等)
② 直系尊属(父、母、祖父、祖母、曾祖父母等)
③ 兄弟姉妹

①の直系卑属には、前妻との子も含まれます。
前妻は相続人にはなれませんが、前妻の子は立派な相続人です。

血族相続には優先順位がございます。
①の直系卑属が存在すれば、②直系尊属と③兄弟姉妹は相続人にはなれません。
②の直系尊属は、①の直系卑属が存在しない場合に相続人になります。この場合③兄弟姉妹は相続人にはなれません。
③の兄弟姉妹は、①直系卑属と②直系尊属が存在しない場合に限り、相続人となります。
仮に③の兄弟姉妹が存在しなくとも、その子が存在していれば、その子が相続人になります。
ただし、兄弟姉妹の子が存在せず、孫が存在していても、その孫は相続人にはなれません。

亡くなった方との関係→直系卑属
(子、孫、ひ孫)
直系尊属
(父母、祖父母等)
兄弟姉妹
(すでに亡くなっている場合はその子)
相続人判定(〇か×か)××
同上存在しない
(先に死亡等)
×
同上存在しない
(先に死亡等)
存在しない
(先に死亡等)

詳しくはこちらをクリック

<代襲相続>について
代襲相続とは、相続人になる地位の方が亡くなった方より先に死亡していた等の事情により存在しない場合、その者に代わって相続することをいいます。
「代襲」の「襲」は、後を受け継ぐという意味です。襲名なんて使われていますよね。
つまり代襲相続とは文字通り、本来の相続人に代わって相続人を地位を(後の代が)受け継ぐということです。
代襲相続人は法律上立派な相続人です。


代襲相続が認められるのは、相続人が直系卑属の場合と兄弟姉妹の場合だけです。
後に受け継ぐという趣旨から、直系尊属には当然認められません。
家系図的にはベクトルは下にしか向きません。

直系卑属が相続人の場合、何代でも代襲することが認められます。
子がいなければ孫、孫もいなければひ孫、ひ孫もいなければ玄孫という具合です。
そして、極端な例ですが、幼い玄孫が代襲相続人として存在すれば、年長者の直系尊属や兄弟姉妹は相続人にはなれません。
(ちなみに、相続人にはなんと胎児でもなることができ(相続に関しては法律上生まれたものとみなされます)、成人であるとか意思能力、判断能力等の資格要件はございません。)

兄弟姉妹が相続人の場合、代襲できるのは一代限りとなります。
つまり、兄弟姉妹がいなければその子は代襲して相続人になれますが、孫以降は代襲しません。

相続人が→子(すでに死亡)兄弟姉妹(すでに死亡)
一代の代襲
二代の代襲×
三代の代襲×

次は、相続割合ってなに?

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

042-334-2027

受付時間:10:00〜17:00
営業時間:10:00〜18:00
定休日:日曜祝日(営業時間外も1週間前までのご予約で対応可能な場合がございます)
※土曜日については予約困難な状況が続いております。
できるだけ平日でのご予約をお願いいたします。